早稲田大学建築史研究室 月報

早稲田大学建築史研究室の活動報告ブログです。

夏報

心地よい秋晴れが続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 気づけば夏季休業期間も終わり、新学期が始まりました。 研究室には9月入学の新たな面々が加わり、より一層にぎやかになりました。 この機会に気持ちを新たにして、研究活動に励んでいきた…

6月報

例年よりも早い夏が訪れる中、皆様いかがお過ごしでしょうか。 早いもので2022年も半分が過ぎ、前期の授業期間も終わりが見えてきました。 暑さに負けず、残りの授業期間も勤しんでいきたいと思います。 研究室では、6月の中旬に大学の施設を使ってゼミ合宿…

5月報

五月晴れの日々が続いております。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 新年度も2ヶ月が経ち、研究室の面々も新しい環境に慣れてきた一方で、6月2日より始まる「早稲田建築 草創期の建築家展」に向けた模型作成、史料調査に翻弄される日々が続いていました。 イ…

4月報

皆様、大型連休はいかがお過ごしでしょうか。 初めまして、今年度月報を担当します修士1年の宮尾です。 当研究室の活動等の情報や日々の様子をお伝えしていきたいと思います。 どうぞよろしくお願い致します。 さて、研究室では新たに学部4年生が加わり卒業…

3月報

ご無沙汰しております。 段々と暖かい陽気が感じられ、桜も芽吹き始めてきた中、皆様いかがお過ごしでしょうか。 本日は3月26日に行われた卒業式・学位授与式の様子をお送りいたします。 学位授与式後。小岩研究室のB4とM2で記念撮影。 総勢15名のB4、M2が学…

2月報

皆さまいかがお過ごしでしょうか。 段々と空気も春めきつつあり、生命の息吹を感じるこの頃となりましたことをうれしく感じております。 さて2月は、今年度締めとして建築史研究室ゼミ活動報告会、修論発表並びに大隈講堂公開審査・講評会審査が行われました…

1月報

ご無沙汰しております。 2022年初めての投稿となります。今年も何卒宜しくお願い致します。 さて、1月は修士2年は修論締め切りまでラストスパートとなり、修士1年は本格的に始まる就活に向けて落ち着かず、学士4年は卒業計画をつい先日提出した様子です。 第…

歴史系卒論生の説明会について

ご無沙汰しております。 本日は2022年度歴史系卒論生の説明会を周知致します。 ■歴史系卒論生説明会 日時:1月 19日(水)18:15〜20:15 会場:55号館N棟1階大会議室 ご興味がございましたら是非ご参加ください。皆様の参加をお待ちしております。

11月報

ご無沙汰しております。 早いもので2021年も残り1ヶ月ほどとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 さて11月は建築史研究室にとって大きなイベントである卒業論文発表会が行われました。 発表を行うB4生 B4生皆無事に発表をすることが出来ました。 私は…

10月報

ご無沙汰しております。 急激に空気も冷え夏から秋に様変わりしたこの頃、いかがお過ごしでしょうか。 10月から研究室も本格的に始動しております。本日は院ゼミの「文献ゼミ」について少しお話しできたらと思います。 今年の文献ゼミは「木割成立前に各部材…

9月報

ご無沙汰しております。 8.9月はいかがお過ごしでしたでしょうか。 今年はオリンピックという一大イベントもあったので楽しく過ごされた方も多いのではないでしょうか。 さて小岩研究室は8.9月は夏季休業期間でしたが、9月初旬に修士1年の幾人かは建築學會の…

7月報

ご無沙汰しております。 7月の研究室は実地調査、卒論中間提出、修論中間発表と慌ただしく過ごしております。今月は実地調査の様子をご紹介します。 門班 母屋平面班と立面班 今年度の墨田区調査は吉野家住宅です。門と母屋、周辺・敷地配置に分かれて調査を…

6月報

ご無沙汰しております。 時間が過ぎるのは早いものでもう6月になってしまいました。研究室に人がいない日はなく、皆それぞれの目的に向かって活動しております。今回は、今年度のプレ文献ゼミの様子をご紹介します。 発表準備で荒れる研究室 発表の写真を貼…

4月報

桜の花も散り若葉が付き始めたこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 初めまして、今年度月報を担当しますM1の田中です。 当研究室の活動や、日々の様子をお伝えしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。 さて、研究室は新たにB4生が加わり…

河津優司先生ご退任講演会

このたび、本学建築史研究室ご出身の河津優司先生が、武蔵野大学教授をご退任なさるため、長年にわたるご活動についてお話しいただける会を開催する運びとなりました。 当日は中川武先生との対談も予定しております。 コロナ禍のためオンライン(Zoom)での開…

3月報

いつの間にか梅花は散り、白木蓮の季節となってしまいました。行く1月逃げる2月…とは申しますが、学業に就職活動にと慌ただしく歩き回っていると、改めて時の過ぎることの早さに驚かされます。 ご無沙汰している間にB4の卒業設計提出もM2の修論発表も無事終…

WOI'21に3D研究会が参加します

来たる3月9日に開催されるWOI'21(早稲田イノベーションフォーラム)において、建築史研究室の3D研究会が「建築史研究室・デジタルアーカイブ研究会」として出展します。 文化財の保存・活用のためにデジタル技術を利用するケースが近年注目されています。こ…

2020年度ゼミ活動報告会のお知らせ

この度、建築史研究室では2020年度ゼミ活動報告会を開催する運びとなりました。 各ゼミが各々のテーマを掲げ、一年間取り組んできた活動のまとめ発表いたします。 報告会の詳細に関しまして、建築史研究室OBのみなさまにはメールでご案内を送らせていただい…

1月報

みなさま、新年あけましておめでとうございます。 本年も建築史研究室をどうぞよろしくお願いいたします。 筆者は建築・都市とインフラ・メディアの関係を考える通称「広告研」に入っているため、正月の都市とインフラの関係についてつらつらと考えながら元…

11月報

建築史研究室では先日、卒業論文の最終発表会が開催されました。密集対策に配慮しつつ、広い教室で卒論生が一人ずつ発表を行います。今年度は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、例年以上に困難の伴う研究であったことと思われます。発表を終えた卒論生の…

10月報

"さやけくて妻とも知らずすれちがふ" と詠んだのは20世紀の俳人 西垣脩でした。秋の柔らかな陽光をうけて黄金色に輝く街路樹や街並みの美しさに見惚れ、道ですれ違った人が我が妻であることにも気付かない。そういった情景が思い浮かびます。今年もようやく…

9月報

研究室活動がリモートになり、早半年。この月報に「今月もみなオンラインで作業しました。卒論生には頑張って欲しいと思います」の焼き直しを綴るのもいささか苦しくなって参りました。 残念ながら引き続き多くのゼミ活動はオンラインでの催行を強いられてい…

8月報

雨続きの7月が去ったかと思えば、8月は暑いを通り越して痛いとすら感じられる厳しい日射の日々が続きました。 地面と空との境界が陽炎で揺らぐアスファルトの道路を歩いていますと、酷暑酷暑と連呼される「酷」の字が中国語では "cool" を意味するということ…

7月報

連日降り続いた雨も漸く弱まりました。7月末、例年ですと夏季休暇の始まりに心を踊らせる時期ですが、今年ばかりは楽しみにしていた旅行も中止となり、手持ち無沙汰の日々の訪れに戸惑うばかりです。 例年、夏季休暇の前に卒論生は自身の論文の進捗を中間提…

5・6月報

ご無沙汰しております。 早いもので、2020年も既に半分が終わろうとしております。 正月の漫ろ心は何処へやら、思いもよらぬ自粛生活も最早日常と化しつつあります。 大学研究室に登校する人数を減らすため、引き続き我々はオンラインでゼミを開催しておりま…

4月報

早いもので、2020年もその三分の一の日数が過ぎようとしております。我が家の庭に目をやると、小町藤が咲いたかと思えば、紫木蓮も花水木も咲き、いつのまにかツツジも今を盛りと見えます。 本来ならば、今日は待ちに待ったゴールデン・ウイーク初日となる筈…

3月報

未曾有の事態を迎えておりますが、みなさま体調はお変わりないでしょうか。 感染拡大防止に伴い、2月末に行われました大隈講堂での卒業設計・修士設計・修士論文の優秀作品講評は無観客での開催、当日の発表は本学のFacebookにてライブ配信が行われました。 …

2月報

大寒の頃とは言いますが、暖冬からか寒さよりも春の訪れが感じられます。 2月の月報を更新致します。 4日に修士論文の最終発表会が行われました。 修士2年生全員が無事それぞれ特色ある論文を発表致しました。 今年も優れた論文が多く、建築史研究室にまた…

12・1月年越し報

みなさま あけましておめでとうございます。 12月の月報を投稿するどころか、気づけば2020年を迎えておりました。 ”年越し報”という形にはなってしまいますが先月分も含め執筆致します。 ご寛恕いただけますと幸いです。 12月。卒業論文が終わりひと段落した…

11月報

木々の葉が降り積もる季節となってまいりました。 日に日に寒さが厳しくなるこの頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 今月の上旬に卒業論文の最終発表・提出が執り行われました。 卒論生にとっては初めての研究・論文の成果をいざ発表とあり、緊張…